ウイルス性結膜炎(はやり眼)

 

アデノウィルス(まれにエンテロウイルス)が白眼に感染して起こる結膜炎です。眼やにを伴う激しい充血、痛み、涙が特徴で、感染力が極めて強いウイルスによる白眼の感染症に伴う炎症です。手を綺麗に洗う、眼を触らない、タオルを他人と共用しないことで感染の拡大を防ぐ必要があります。幼稚園・学校は休む必要があり、仕事に関しては職場と相談していただき、可能であれば眼やにが出なくなるまではお休みして頂くことをお勧めします。抗菌薬やステロイド薬の点眼で治療を行いますが、ウイルス自体に有効な薬はなく、基本的には御自身の免疫力で治癒させるため、治るのに時間がかかってしまいます。

03-3454-1233