ものもらい(麦粒腫、霰粒腫)

 

瞼の脂腺や毛根に細菌が感染し、炎症を起こした状態を麦粒腫と言います。眼の充血、痛み、かゆみなどの症状を起こします。抗菌薬で治療します。切開が必要になることがありますが、多くの患者さんは投薬で良くなります。瞼の脂腺の出口が詰まって、溜まった脂の周りにしこりができるのが霰粒腫と言われるものです。細菌の感染や炎症を起こさなければ放置しておいて問題ありませんが、細菌の感染や炎症を起こすと麦粒腫と同様に充血、痛み、かゆみなどの症状を起こし、治療が必要になります。

03-3454-1233