緑内障

 

眼球で取得した映像の情報を脳へと伝達している視神経がおかされ、視野が欠けてしまう病気です。ビデオカメラで撮った映像情報がケーブルが損傷しているためにテレビの画面の端の映りが悪くなっているという例えを使って説明しています。中高年の20人に1人が緑内障であることが解ってきています。緑内障の初期には自覚症状は全くありません。また、視野の異常もある程度進行するまで自覚できません。眼の疲れ、視野狭窄、頭痛、眼球を重く感じる、眼の痛みや電灯の周りに虹のような輪がみえる(虹視症)などの症状が出た場合には、診察を受けることをおすすめします。多くの初期緑内障患者さんが緑内障と気づかずに日常生活を送っていますので、40歳を過ぎたら、一度眼科で診察を受けることをお勧めします。緑内障と診断するには多くの検査が必要です。まず視力、眼圧の測定。そして眼底の視神経の観察をします。また視野検査は緑内障の進行具合を判断するために最も重要な検査です。通常は診察の度に眼圧を測定し、数か月毎に視野検査を行い、視神経も随時観察します。緑内障が進行しているかどうかは視野検査の結果で判断します。慢性の開放隅角緑内障では、点眼薬で眼圧を下げる治療をします。点眼薬を数種類使用しても眼圧が充分に下がらなければ、手術を考慮することになります。

急性緑内障発作を起こす閉塞隅角緑内障は、急激な眼圧上昇を起こしますので、眼の痛み、吐き気、頭痛などの比較的激しい症状を急に起こし、内科疾患と間違えられることもしばしばあります。点滴、内服、点眼薬で速やかに眼圧を下げ、虹彩に光凝固を行い、眼内の水の流れを改善します。それでも眼圧が下らなければ緊急的な手術が必要となることがあります。

 

03-3454-1233