糖尿病網膜症

 

糖尿病網膜症は、糖尿病の三大合併症のひとつで、後天性失明原因の主要な疾患です。

網膜症では、網膜血管に障害が起こります。初期は自覚症状が乏しいため、気がつかないうちに病気が進行して行きます。糖尿病に罹患して約5年~10年で網膜症を発症すると言われています。視力低下などの自覚症状が出現した時には、眼底に大出血、網膜剥離や血管新生緑内障を起こしており、短期間の内に失明してしまう患者さんも多くいらっしゃいます。働き盛りの一家の大黒柱が突然両眼の視力を失うことになると、残された家族の御苦労は並大抵のものではありません。糖尿病になると、血液中の糖分(血糖)が多くなり血糖値が高くなります。その状態が長く続くと全身の毛細血管に多くの負担がかかり、障害が起こります。網膜には、眼に酸素を運ぶための毛細血管がくまなく分布しています。高血糖の持続によって網膜の毛細血管を構成する血管の内皮細胞が障害を来たし、毛細血管の閉塞が起こります。血流がなくなるために、網膜が酸素欠乏状態となり、血流を維持するために新生血管という、突貫工事で作った手抜き工事の道路のような血管を発生させて、なんとか血流を維持しようとします。手抜き工事で作られた新生血管は構造が脆く、血管壁から血液中の成分が網膜の中に漏れ出し水膨れになったり、血管が破れて眼底出血が起こったりします。

網膜症が軽い段階であれば、次のような治療で進行を抑えることができます 。

血糖コントロール
単純網膜症で、視力が良好な段階であれば、食事療法、運動療法、薬物療法などにより、血糖値をコントロールすることで網膜症の進行を防ぐことができます。血糖値を正常値に保つことができれば、小さな出血などは自然に消えることもあります。血糖値のコントロールは、生涯にわたって行わなくてはいけないので、悪くなる時期もあります。良い時期もあれば悪い時期もありますので、医療機関に継続して通院を続けることがとても大切です。

網膜光凝固(レーザー治療)
単純網膜症でも視力の低下がみられる場合、あるいは前増殖網膜症の段階になると、レーザーで網膜を焼く「光凝固(ひかりぎょうこ)」治療が必要になってきます。治療は外来通院で行えますが、眼の負担が大きくならないように、期間を空けて、数回に分ける必要があります。痛みを伴う場合には、眼球の周囲に麻酔液を注射して行うことで比較的楽に治療を受けることができます。光凝固を行うと視力が下がってしまうことがしばしばありますが、失明に至るリスクを下げるためには致し方がない場合もあります。

症状が進行してしまった場合は、手術が必要になります 。

硝子体手術
硝子体の中で大出血が起こり、眼底の観察がしばらくの間できなくなったり、網膜を牽引する増殖膜が発生して網膜剥離に進展した場合には、硝子体手術を行わなくてはなりません。多くの糖尿病網膜症に伴う眼底出血や網膜剥離は硝子体手術を行うことで治せるようになりました。しかし、予後が不良な患者さんも多く、病気が進行してしまった場合には依然として失明を含む重篤な視力障害を残す可能性がある恐ろしい病気です。

03-3454-1233