網膜剥離

 

 

網膜はカメラのフィルムの役目をしている組織です。光が当たると網膜の細胞が活動してものが見える仕組みになっていますが、網膜の下にある網膜色素上皮細胞層と接着した状態でないと光が当たっても細胞が活動できません。網膜自体は濡れたティッシュのような組織で、水分を吸引する力が強い網膜色素上皮細胞層に吸い寄せられるように接着しています。何らかの原因で網膜に穴が開き(網膜裂孔)、そこから眼球内の水分が入り込んで、網膜が色素上皮層からはがれてしまうのです。

穴が開く原因には大きく2つあり

ひとつは網膜自体がもともと薄く、委縮して丸い穴が開いてしまう委縮円孔と呼ばれるタイプで、20歳前後の近視の強い人に起こりやすいと言われています。

もう一つは、眼球の中に詰まっている、コラーゲン繊維(硝子体)の変化に伴って、硝子体が網膜を引っ張ることでできる網膜の馬蹄形の裂け目(馬蹄形裂孔)と呼ばれるもので、硝子体の変化が起こりやすい50歳前後で多くみられます。

網膜剥離の初期症状としてよくあるのが飛蚊症です。また、目を閉じると端のほうに光が走る光視症も網膜剥離の初期症状として現れることがあります。
剥離部位が網膜全体に広がると、視野が大きく欠け、網膜の中心部に剥離が起こると急激な視力低下を来します。手術を行い治癒させないと、失明に至る可能性が高く、飛蚊症や、視野が狭いと感じたら、すぐに眼科で検診を受けることが大切です。

 

 

03-3454-1233