VDT症候群

 

VDT症候群とは、パソコンやテレビゲームなどの画面を長時間見続けることで、眼のみでなく、体調の変化や、精神的な影響がでる病気です。VDT症候群では極端にまばたきが減り、黒眼や白眼の表面が乾燥することで、充血や痛みなどのドライアイの症状を訴えることがあります。また、集中して画面を見続ける時には同じ姿勢になってしまうこともあり、首、肩、腕の痛みが伴うこともあります。

※VDT(Visual Display Terminal)⇒パソコン、テレビゲームなどの画面を表示する端末。

 

03-3454-1233